新着情報

アグリセンターに太陽光発電装置を設置

JA山形市は、アグリセンターに太陽光発電装置を設置し、12月18日に市川山形市長、JAの役職員、組織代表者ら約40名が出席し竣工式と送電セレモニーを行いました。
アグリセンターの集荷場・倉庫(2棟)の屋根に728枚の太陽光パネルを設置し、年間発電量は、約11万2100KWhになります。
また、本店(平成21年12月)、小白川支店(平成22年3月)の発電量を含め年間約16万KWhを見込んでおり、今後も、地球環境に配慮し、再生可能エネルギ―の普及と施設の有効活用に努めていきます。

竣工式

倉庫屋根に設置した太陽光発電装置

PAGE TOP