新着情報

新年のごあいさつ

代表理事組合長 田村 保男

あけましておめでとうございます。
組合員の皆様におかれましては、輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

平成26年の年頭にあたり、皆様から旧年中に賜りましたご支援ご協力に対し厚く御礼申し上げます。

昨年は年頭よりアベノミクスで年が明け、国内経済は政府・日銀がデフレ脱却・成長促進に向けた政策運営に着手し、円安・株高傾向が強まり、さもデフレ脱却かと思わせるような報道が相次いでされておりますが、地方経済はまだまだの感があります。

一方では生活関連、農業関連で輸入に関するものは値上がりと、必ずしも良いことばかりではなく、実体を伴う政策運営をお願いしたいものです。また今年度より復興特別所得税が新設され、さらには4月より消費税が増税されるなど諸税負担が重くのしかかってまいります。

また、TPP(環太平洋連携協定)に関し、具体策が見えない中で、「農業・農村所得倍増」「輸出倍増」などと報道されておりますが、農林水産業全体で3兆円、山形県だけで668億円の損失と言われるTPPへの参加は断固反対してまいりますので、組合員皆様からもご賛同よろしくお願い申し上げます。

さて、平成25年度事業も第三四半期を経過し、総会で決定された事業計画に沿って役職員一体となって取り組んでおります。12月には計画しておりました太陽光発電(アグリセンター)設備が設置完了し、通電を開始しております。「地球にやさしく」「環境を守り、自然を愛し、農を育む」をテーマに環境保全に取り組んでまいります。

平成26年度以降農政が、生産調整を始め大きく変わろうとしております。これらに対しても行政と連携し組合員と相談しながら的確な対応をしてまいります。

本年も組合員をはじめ地域の皆様に安心してご利用いただけるJAを目指して役職員一体となって取り組んでまいりますので、変わらぬご指導ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

組合員皆様のご健勝とご繁栄を心よりお祈り申し上げ新年のご挨拶とさせていただきます。

代表理事組合長 田村 保男

謹んで新年の賀詞を申し上げます。

代表理事組合長 田村 保男
副組合長
(ジャオ代表取締役社長)
大山 敏弘
専務理事 森谷 敏雄
理事 早坂 仁志
山本 仁一郎
高橋 茂雄
佐藤 紘
理事 山口 清志
小松 好徳
武田 功
理事金融部長 佐藤 安裕
代表監事 森谷 茂
常勤監事 川合 春一
監事 田中 清一
高柳 義紘

職員一同

PAGE TOP