新着情報

やまがた絆の森協定締結式

県内農業団体で初

JA山形市は、8月22日(金)県民、企業等の多様な主体が気軽に森づくりに参加し、森林保全を目的とするやまがた絆の森協定の締結式が県庁で行われました。
締結式には、田村組合長・吉村知事・土地を所有する山形市小白川財産区管理者の市川市長・森林所有者小白川山林組合の高嶋組合長が出席し協定書を取り交わしました。
山形市馬見ケ崎プール周辺の小白川山林組合が所有する山林面積15.2ha一帯で下刈り、遊歩道整備に取り組み、森林体験として、きのこ栽培や芋煮会などの自然体験学習を実施します。
当JAでは、地球にやさしくを一つのテーマとして、山形の美味しい農産物を生産する立場からも、森林や林の木ぎを守ることは、きれいな水を育てること、多くの生き物に欠かせない水を守る上で、森林の保全は重要な意味と位置付けて、農業団体として県内初の森林保全に取り組んでいます。

PAGE TOP