新着情報

新年のごあいさつ

代表理事組合長 田村 保男

あけましておめでとうございます。
組合員の皆様におかれましては、輝かしい新年をお迎えのととお慶び申し上げます。

平成27年乙羊の年頭にあたり、旧年中に賜りました、ご支援ご協力に対し厚く御礼申し上げます。

昨年は政府・日銀のデフレ脱却・成長戦略のアベノミクスに注目が集まる中、4月に消費税率が8%に引上げられ、個人消費の低迷が長期化し、秋には全国的な米価下落となり、消費再増税時期の延期が表明され、年末の解散総選挙が実施されましたが、TPP・米価下落対策・生産調整を含め農業をめぐる問題は山積しており、適切な政策運営を願いたいと思います。

また、山形県においては5月の「東北六魂祭」6月からの「山形デスティネーションキャンペーン」開幕に始り、全国育樹祭などの開催で話題を集め、スポーツでは、山形中央高校が夏の甲子園で公立高校初の16強とモンテディオ山形がリーグ戦6位で出場したプレーオフで見事優勝J1復帰を果し、天皇杯でも準優勝と躍進し、県民が感動と勇気をもらった1年でもあります。今年はぜひ、スタジアムに多くの県民・組合員の皆様の応援参加をお願い致します。

本組合におきましては、通常総会で決議された事業計画に基づき取り組んでおります。今年1月より相続税の改正が実施され、組合員の遺産相続に関する税負担が重くなりますので、相続相談業務を今まで以上に充実してまいります。

年明けから「農業・農協改革」の次期通常国会への法案提出に向けた議論が本格化されますが、「山形市農業協同組合」は昭和23年創立以来、一度も合併せず、自主・自立を貫き通し、とれからもその在り方は組合員自身で決めるべきものであり、組合員とともに歩んでまいりたいと思います。

本年も組合員をはじめ地域の皆様に安心してご利用いただける農協を目指して役職員一体となって取り組んでまいりますので、変わらぬご指導ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

組合員の皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

代表理事組合長 田村 保男

謹んで新年の賀詞を申し上げます。

代表理事組合長 田村 保男
副組合長
(ジャオ代表取締役社長)
大山 敏弘
専務理事 森谷 敏雄
理事 早坂 仁志
髙橋 茂雄
山口 清志
小松 好徳
武田 功
理事 海谷 博康
堀江 代逸
代表監事 森谷 茂
常勤監事 川合 春一
監事 田中 清一
高柳 義紘
参事 佐藤 安裕
理事金融部長 伊藤 理人

職員一同

PAGE TOP