JA山形市

平成31年度
職員採用
募  集

先輩職員のメッセージ「JA山形市」ってどんな仕事があるんだろう?
仕事のあれこれや社会人になるまでに何をすればいいのかを
先輩職員が学生の皆さんへお届けします。

安孫子 誉晃安孫子 誉晃
経済部農業振興課(入組1年目)
安孫子 誉晃あびこたかあき
JA山形市ってどんなところ?
少 数 精 鋭
どんな仕事をしていますか?
農業振興課での仕事は、山形セルリープロジェクト・補助事業・花きの出荷・米検査・購買事業と多岐に渡ります。その中で「山形セルリープロジェクト」とは、「山形セルリー」を発展・継承させていくため、JA山形市でハウス団地を整備し、地域農業の活性化・新たな担い手の育成を支援していくプロジェクトです。「山形セルリー」は市場・消費者から高い評価を得るプレミアムブランドとなり、東北唯一のセルリー産地としての地位を築いています。
どんなことがやりがいですか?
農家の方の営農活動を支援するために様々な事業をしており、その事業を達成できた際に農家の方の役に立てたと感じやりがいを感じます。また、私たちは農産物を市場に出荷する役割を担っており、農家・組合員の生産拡大・所得向上を目指しています。責任のある仕事ですが、その分やりがいもあります。
学生へメッセージ
自由な時間が多い今のうちに、やりたい事にどんどん挑戦しよう!
学生のうちにいろいろな経験をする事で、自分の中の大きな財産になり、社会に出てからも役に立つと思います。
就職活動では、説明会等に参加することで、多くの人と出会う事ができます。一つ一つの出会いを大切に、多くの刺激をもらってください!
齋藤 知美
金融部信用課(入組1年目)
齋藤 知美さいとうさとみ
JA山形市ってどんなところ?
一人ひとりが
輝ける職場
どんな仕事をしていますか?
信用課の主な業務としては、支店からの貯金等に関する問い合わせに回答したり、外部機関からの様々な情報や連絡事項を支店へつなぐなど、本店および支店が滞りなく円滑に業務が行えるよう本店と支店との調整・とりまとめ業務のほか、時には支店での窓口として来店された組合員・利用者の対応を行うなど幅広い業務を担当しています。
どんなことがやりがいですか?
信用課の業務は、窓口担当や総合外務員のように組合員・利用者に直接会う機会は少なく、裏方の役割が強いかもしれませんが、幅広く業務に携えるところに魅力を感じています。また、支店で窓口として対応している際に、組合員・利用者の笑顔を見れたときや、「ありがとうね」などと感謝の言葉をいただいたときは嬉しく励みになります。
学生へメッセージ
社会人になると自分に費やせる時間が限られてきます。興味のあるものにどんどんチャレンジして、学生時代にこれを頑張ったと言えるものをぜひ見つけてほしいです。また、就職活動中は、辛い時やもどかしい思いをする時もあると思います。そんな時こそ、最後まで諦めず自分を信じて頑張ってください!
松井 香菜子
金融部共済課(入組6年目)
松井 香菜子まついかなこ
JA山形市ってどんなところ?
若い力が
生きる場所
どんな仕事をしていますか?
メインは自動車共済と火災共済の継続手続きです。アポイントをとってお客様のお宅・職場に訪問する事もあれば、来店して頂ける方に対しては窓口にて手続きをしています。「去年と同じく継続したい」と言われることが多いですが、現在の保障内容を一緒に確認し、より理解と出来ればグレードアップして継続頂けるように努めています。
どんなことがやりがいですか?
私は農家・組合員ではない地域の利用者に訪問するので、中にはそっけない対応の方もいますが(笑)、農協というだけで初対面でも多くの方が「お世話様~」と温かく迎えてくれます。特に年配の方とは普段接する機会がないので、世間話をしたり昔ながらの豆知識を教えて頂いたりと貴重な時間を過ごしていると感じます。保障の説明では、去年と同条件での継続申し出を受けても、お客様にあまり知られてないことや新しい情報を提供するようにしています。保障が充実、掛金がお得になり、お客様が納得した状態で契約を頂くことができると嬉しく感じます。
学生へメッセージ
自分のことを振り返って感じるのは、新聞を読む習慣は学生のうちにつけるといいということです。お客様と接していると、いろんな話の引き出しを持つことは重要だと感じます。農業のこと、社会情勢、金融・共済にまつわる話など話題は多岐にわたり、自分から様々な分野に興味を持って知識欲を深めなければと思っています。今はほとんどの人が携帯電話を持っているのでインターネットですぐに欲しい情報が手に入るし、テレビをつければニュースが流れます。ただ、より詳しく、なおかつ記憶に残りやすいのは新聞を読むことではないかと思います。いろんな情報・知識を一気に頭に詰め込むことは困難なので今から蓄積していけるといいのですが、まずは読みやすそうな記事から始めるとどうでしょうか。豊富な話題を武器に活躍できるよう頑張って下さい。
鈴木 淳平鈴木 淳平
下条支店 総合外務員(入組4年目)
鈴木 淳平すずきじゅんぺい
JA山形市ってどんなところ?
地域の心の
よりどころ
どんな仕事をしていますか?
“くらしの相談員”として日々バイクに乗って、組合員・利用者の方々へ訪問し、信用・共済等の外務活動をしています。また税金・相続といった生活における様々な相談事を親身になって対応しています。金融機関という枠に捉われない、地域の皆様を第一に考えた営業を心掛けています。毎日毎日が新しいことでいっぱいで、刺激ある日々を送っています。
どんなことがやりがいですか?
JA山形市と組合員・地域の利用者との間には強固な信頼関係が構築されています。そういった組織の一員として働くということはとても大きな責任がありますが、その分やりがいもあります。頼りにされたり感謝されたり、自分の取り組んできたものが伝わったと感じた時、また頑張ろうと思えます。また、職員同士の信頼関係も抜群です。一人で仕事に向き合うのではなく、職場内で常にコミュニケーションを図り互いにサポートし合い、チームで協力して取り組む仕事はとても楽しくやりがいがあります。
学生へメッセージ
ぜひ今のうちに交友関係を広げてください!自分と似た価値観を持った何でも相談できる人、自分にはない考え・志向を持った一緒にいて刺激になる人、あらゆる友人をできるだけ多く作ってみてください。将来それが必ず自分にとってかけがえのない財産になります。今しかない時間を大切に!
安孫子 誉晃
美畑支店 窓口(入組1年目)
中村 康二なかむらこうじ
JA山形市ってどんなところ?
明るく元気
どんな仕事をしていますか?
私は窓口業務をしています。貯金の入出金や税金の納付、振込の対応を主に行っており、自動車や火災共済などの短期共済の手続も行っています。来店された様々なお客様から、毎日予想が付かない質問や要望があるので新鮮な気持ちで仕事をしています。また、会話の中からお客様へ情報を提供することや逆にお客様の情報収集すること、自ら時間を作って外務員の方のお手伝いをすることで支店に貢献したいと思っています。
どんなことがやりがいですか?
来店された組合員、利用者の方に「ありがとう」と一言いただくと嬉しい気持ちになり、やる気がみなぎってきます。また、お客様からお取引を拡大して頂いた時は、私のことを信頼して頂いたと感じ、今まで頑張って来たことが報われたような気持ちになりました。支店全体の雰囲気が盛り上がるので、また次も頑張りたいという気持ちになります。
学生へメッセージ
社会人になると自由に使える時間が少なくなると感じます。時間が自由に使える学生時代に友人とたくさん遊んで、一生の友人を作ることが最も大切だと思います。社会人になっても友人はお互いを高め合い、刺激になり、仕事へのモチベーションになります。一つ一つの出会いを大切に。
伊藤 和貴伊藤 和貴
不動産部不動産センター(入組8年目)
伊藤 和貴いとうかずき
JA山形市ってどんなところ?
チームワークが
信頼を生む職場
どんな仕事をしていますか?
私は不動産センターの職員として、主にアパート入居の斡旋や物件の管理業務を行っております。不動産業界は法律や流行が日々変化しており、知識と柔軟な発想の両方が求められます。組合員の賃貸経営事業の安定を常に念頭に置き、経営管理における適切なアドバイスや現代の需要に合った入居促進のアイデアを提案できるように経験を積み、日々勉強をしながら毎日の業務に取り組んでいます。
どんなことがやりがいですか?
不動産センターで勤務していて一番うれしい瞬間は、アパートの入居が決まり、オーナーさんへ報告する時です。特に他の部屋と差別化を図る為にグレードアップやリノベーションを自ら提案し、入居が決まった際は大変感謝して頂けます。また、アパートを探しに来た方の様々な質問に対し、自らの知識や経験をもとに返答し、いい物件を紹介してもらえたと言って頂ける事は大変励みになります。
学生へメッセージ
学生のうちに同じ価値観を共有できる仲間をたくさん作る事が大切だと思います。社会人になれば悩んだり、壁にぶつかったりする事が多くなります。そんな時に共感し、いいアドバイスをくれる仲間が多ければ多いほど生活は充実していきます。今しかできない事に一生懸命打ち込み、個性を磨けばきっと輝けるはず!
齋藤 萌
総務部総務課(入組2年目)
齋藤 萌さいとうもえ
JA山形市ってどんなところ?
全員が
活躍する場所
どんな仕事をしていますか?
主に、広報の仕事を行なっています。月1回発行している組合員向け広報誌「わかば」は、正組合員が会員の「わかばの会」事業活動、組合員の活躍や当農協の事業を伝える大切なツールです。農業に関する内容はもちろんですが、各支店のイベントや小学校の食育に関する授業など、できるだけ多くの内容を盛り込めるように努めています。また、表紙を飾る子供の笑顔を引き出せるような会話を心がけています。
他にも、准組合員向けのパンフレット編集や紙面を飾る広告・当農協で開催する即売会のチラシ作成、広報活動の以外では、職員の休暇管理などをしています。
どんなことがやりがいですか?
広報誌「わかば」の表紙撮影にて、被写体となったお子さんのご家庭に喜んでいただけたときが一番嬉しいです。「このやり方が正解」ということが無い仕事なので、迷う時や緊張感もありますがそこがやりがいとなっています。
また、取材で組合員の方とお話をする機会があり、作物の豆知識や栽培エピソードを聴くのも楽しみの一つです。周りから「見たよ!」と反応をいただけるととても嬉しいです。
学生へメッセージ
色々な場所に足を運んで、興味があることを深く追求してみてください。社会人になってからも勉強する機会がどんどん増えてきます。自分の好きなことからで大丈夫なので、徹底的に調べ、勉強する癖をつけておくことをおすすめします。
就職活動では、自分の思い通りにいかず不安になることもあると思います。支えてくれる方々がいることを忘れずに、最後まで頑張りましょう!