健康ふくし事業

健康ふくし事業の開始について

“ふくし”を“ふつうの くらしの しあわせ”
と考えれば、「高齢者福祉事業=介護保険事業」ではなく、これまでJA山形市が取り組んできた総合事業としての「知的福祉サ-ビス」は生活・相続・遺言信託・年金・葬祭等の相談 業務を通じて、高齢者対応をしてまいりました。
平成28年度にサ-ビス付高齢者賃貸住宅を取得し、高齢者が介護を必要とせず、健康寿命を延ばし元気に暮らしを続けられるよう、山形県が取り組んでいる「健康長寿日本一」を目指し組合員・地域の人々の豊かな老後を支援する ふくし事業を開始し「高齢者福祉事業による地域活性化」へ取り組んでいます。

PAGE TOP